テーマ:思いつくまま

「小田原フラワーガーデン・トロピカルドーム」の珍しい熱帯植物「ヘリコニア・ロストラータ」ほか

「小田原フラワーガーデン」の続編です。 同ガーデンにはゴミ処理施設の余熱を利用した「トロピカルドーム」 があり、温室には、変わった形の花や、風変りな熱帯植物など 約300種類の熱帯植物があります。 訪問した6月1週は「ヘリコニア・ロストラータ」が見頃でした。 赤・黄色・緑のロブスターの爪のような「苞」を左右に30個ほど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲とアジサイ・小田原城址公園他

梅雨入りを間近にして夏日が続いたある日、「アジサイ」をバックに咲く 「花菖蒲」で有名な「小田原城址公園」に出かけてきました。 全体的にまだ2、3分咲きといった感じでしたが、色とりどりの花たちを バックに、写真に納まるお孫ちゃん連れ家族や、カップルで賑わって いました。 同公園では「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が6/7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”世界最大級のネギ坊主”と可憐なバラ(小田原フラワーガーデン)

”世界最大級のネギ坊主”を撮りたいという仲間の誘いで、「小田原 フラワーガーデン」に行ってきました。 そのネギ坊主の正体は「アリウム・グローブマスター」。 花径20cm超、約1500の小さな花が球状に集まった珍しいネギ坊主 でした。 また、同園の”ローズフェスタ”が終盤を迎えていました。 見頃も後半でしたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民家のゴージャスな「薔薇」

市内の民家で、ご夫婦が丹精込めて作り上げているバラ庭園。 今年は一段とボリュームをまして、たくさんの種類のバラが見事に 咲き誇っていました。 雨の予報が出たある日、あわててお願いして撮らせて頂きました。 PS・過去に撮ったバラの写真     ・平塚・花菜(かな)ガーデンのバラはこちら     ・生田緑地のバラ苑は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

隠れた藤の名所・御坂(みさか)藤園(山梨・笛吹市御坂町)

山梨県笛吹市御坂町にある「御坂(みさか)藤園」。 三尺藤、八重の藤、ダルマ藤、など、園内22本の木々に紫やピンク、 白など、色とりどりの見事な花を咲かせていました。 今回はカメラ仲間が、この「日々@新」ブログの更新が100回目と なったお祝いとして、数年前に偶然発見したという、「御坂(みさか)藤園」 に案内してくれました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相模川の「鯉のぼり」・相模原麻溝公園の「ハンカチの木」

今年も、相模川高田橋上流(相模原市中央区水郷田名)では、子供の 健やかな成長を祈り、相模川の両岸に長さ250mの5本のワイヤーを渡し、 約1200匹の「鯉のぼり」を泳がせています(5月5日まで開催)。 この催しは、昭和63年(1988年)から地元の住民グループが家庭で 使われなくなった鯉のぼりを集め、端午の節句を前に相模川に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

垂涎の名車400台・座間日産記念車庫見学

2013年12月に創業80周年を迎えた日産。 その歴史を彩ってきた数々の名車約400台が当時のままに保管されて いるガレージが座間市内の日産自動車(株)座間事業所にあります。 「座間日産記念車庫」と呼ばれるガレージ。 保管されている名車の7割は、今でもエンジンをかけて走行する ことができるそうです。 「記念車庫」公開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪の公園散歩・相模原北公園の梅、福寿草

2月8、9日は全国各地で記録的な大雪に見舞われました。 大雪のあとの公園の植物たちの様子を見に行こうと仲間に誘われ、 寒風の中、相模原北公園まで出かけました。 雪をかき分けて姿を見せる、福寿草やクリスマスローズ。 可愛いピンクや、緑がかった梅たちも、寒さに負けず元気いっぱい 開き、カメラにポーズしていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅梅、白梅が開花

1月下旬の14~16℃の春の陽差しに誘われて、近所の紅梅や 白梅が開花し、真っ青な空に映えていました。 いつもの散歩コースでは、道端でひっそり咲く名前の知らない 小さな赤い花や、クコの実を見つけました。 2月3日は節分。近所の神社では家内安全、商売繁盛を祈って 盛大な豆まきが行われました。 (各写真クリックで拡大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬に咲くサボテンの花

近所のサボテン好きの方が、ピンクの可憐な花をつけるサボテンを 見せてくれました。 冬の季節に、冠上にグルリとピンクの可憐な花をつけるサボテン。 種類は「翁玉」というようです。 サボテンに和名がつくのも不思議な感じがします。 (各写真クリックで拡大) PS・このブログを見た友達が、昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイングラスの形の「オオバショウマ」。その他「猩々草」、「ヤマホトトギス」など

秋晴れの午後の散歩、またまた色々な草花と出会いました。 まず、薄暗い林の奥で白くホワッと咲く花。 取り敢えず望遠で撮り、家に帰ってからあれこれ調べてみましたが なかなか名前を特定できず。 たまたま友達に見せたら、”線香花火みたい”というので、それを キーワードに検索したらヒット! 「オオバショウマ(大葉升麻)」と判明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花々 「ヤブツルアズキ」、「ミズタマソウ」ほか・座間谷戸山公園

座間谷戸山公園の、湿生生態園と田んぼ付近で見つけた秋の 花々です。 「ミゾソバ」と「ママコノシリヌグイ」の花は酷似していますが、葉の 形状が違います。同様な花に「アキノウナギツカミ」というのがある そうですが、まだお目にかかっていません。 それにして「ママコノシリヌグイ」は、春先の「オオイヌノフグリ」、 夏場の「ヘク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて見た 「タマゴタケ」

週末に、近くの谷戸山公園を散歩していると、まるでおとぎの国に 出てくるような、真っ赤なツルツルした傘をつけたキノコと遭遇。 名前は「タマゴタケ」。 ちょうど、卵の殻を割って出るように生える姿がなんともキュート! 百聞は一見にしかず、写真をご覧ください。 なお、この「タマゴタケ」、立派な食用の様です。 (各写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花々 「仙人草」、「ヤマホトトギス」ほか・座間谷戸山公園他

猛暑もやっとおさまり、座間谷戸山公園でも「仙人草」、「ヤマホトギス」と いった花々や、「ゴンズイ」の愛嬌たっぷりの木の実が姿を見せ始めました。 (各写真クリックで拡大) 「仙人草」  咲き終わると仙人のようなヒゲをつけるようです 「ヤマホトトギス」 「ゴンズイ」 「ヤブラン」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

可憐な「サギソウ(鷺草)」、珍しい「果物時計草」・昭和記念公園

まるで、シラサギが翼を広げたような、純白で可憐な「サギソウ」。 一度はお目にかかりたい花でしたが、ちょうど昭和記念公園で 「サギ草まつり」を開催中との情報を得て、さっそく出かけてきました。 この「サギソウ」、花言葉は「芯の強さ」。 東京・世田谷区の区の花として制定されているそうです。   また、公園内で珍しい「時計草」も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の定番・ひまわり(向日葵)・山梨県・明野町

真夏の花の定番と言えば、「ひまわり」。 フランスやイタリア、スペイン語では「太陽について回る花」という 意味とか、「向日葵」と同じなんですね。 写真は、ひまわりの名所、山梨県北杜市明野町で撮ったものです。 「向日葵の ゆさりともせぬ 重たさよ」  北原白秋 (各写真、クリックで拡大) ド・レ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「半夏生」の不思議。散歩中に見かけた梅雨明けの花々

例年より2週間ほど早い今年の梅雨明け。 連日30℃を超す暑さにも負けずに、「半夏生」をはじめ、いろいろな花 たちが散歩時の目を楽しませてくれます。 (各写真クリックで拡大) 「半夏生(はんげしょう)」、又は「半化粧」 別名 「片白草(かたしろぐさ)」 上の方の葉だけが白に変わり、花が咲き終わると緑色に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八重のムクゲ」、「ヒスイカズラ」、「夜来香」ほか・神代植物公園

梅雨の合間の好天の6月最後の日、東京・調布市の「都立神代植物公園」 を訪問。色々な種類の「ムクゲ(木槿)」、珍しい「時計草」や「夜来香」、 神秘的な熱帯性植物などを見ることが出来ました。 (各写真クリックで拡大) 普段は何気なく見過ごす「ムクゲ(木槿)」ですが、同公園では八重咲き など「ムクゲ」には色々な種類があること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲 青梅市・吹上しょうぶ公園

今年も花菖蒲の季節がやってきました。 花菖蒲は大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統あり、 白、ピンク、紫、青、黄など、絞りや覆輪などと組み合わせると その数5,000種類あるそうです。 以下は、青梅市にある「吹上しょうぶ公園」で撮りためた写真です。 (各写真クリックで拡大) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アジサイ(紫陽花)」

梅雨どきの代表的な花といえば、「アジサイ(紫陽花)」。 「アジサイ」は、真の藍で染めたような色の花がたくさん集まって咲くので、 「集(アズ)真(サ)藍(アイ)」が語源とする説があるそうです。 これまで、方々で撮った写真を並べてみました。 (各写真クリックで拡大) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バラ!バラ!バラ!」 花菜(カナ)ガーデン・平塚市

平塚市の花菜(カナ)ガーデンで、去る5月中旬から始まった春の ローズフェスティバル。 イングリッシュローズやオールドローズ、モダンローズなど 約1,100品種1,600株の規模は関東でも有数の品種数とか。 訪れた日は梅雨入り間近、色とりどりのバラが咲誇り、園内 いっぱいにバラの香りを醸し出していました。 PS:一昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クレマチス」 平塚市・花菜(カナ)ガーデン

平塚市寺田縄に3年前に開園した「花菜(かな)ガーデン」。 梅雨入りをまじかに、色とりどりの「クレマチス」が咲いていました。 花が咲き終わると、まるで針金を丸めたようになる「クレマチス」 を初めて見ました。 (各写真クリックで拡大) 園内に広がるシャーレーポピーほか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜かぎりのサボテンの花

行きつけの居酒屋に立ち寄ると、偶然にも一夜限り咲く 「サボテンの花」に遭遇! 急いでカメラを手に舞い戻り、撮り続けました。 丸いトゲだらけのサボテンに、純白の花が2輪。 遅い夜に咲く純白の花、ことのほか清楚です。 一夜だけのこの花・・・、感慨深げに撮りつづけていました。 See you next yea…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チューリップ ポプラ(ゆりの木)

「チューリップ ポプラ」という、北米原産の珍しい木があります。 この時期に、淡い黄緑色で中ほどにオレンジ色の斑紋がある 、まるでチューリップの形をした珍しい花を咲かせます。 学名はユリノキ。別名、「チューリップツリー」や「イエローポプラ」 とも呼ばれ、米国テネシー州では州の木として愛されているそうです。 「チューリップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町田市・薬師池公園の野草・「姫萱草」、「蛍葛」、「姫著莪」など

GW中のある日、町田市にある薬師池公園を訪れ、「姫萱草」、「蛍葛」、 「姫著莪」など、たくさんの春の野草を楽しんできました。 薬師池公園は、「日本の歴史公園100選」、「東京都指定名勝」に選ばれ ている公園で、これから咲く花菖蒲、真夏の大賀ハスなど、四季を通じて 色々な彩が楽しめます。 (各写真クリックで拡大) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見!白い紫蘭(白花紫蘭)、白いツユクサほか

GW後半の5月3日、市立相模原麻溝公園に行ってきました。 公園の一角に咲く紫蘭の一群に、ひと際目立つ一輪の白い紫蘭 を発見! 「白花紫蘭」、「白蘭」とも言うそうです。初めて見ました。 さらに紫の十二単、「アジュガ」、これも初めて見ました。 別名を「西洋十二単」と言うそうです。 また、「オオムラサキツユクサ」。ムラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間市内の隠れた藤の名所、圧巻の藤の大木!

市内入谷3丁目に、個人が経営するアパートの敷地に隠れた藤の 名所として、藤の大木があります。 ちょうどいまが見頃で、圧倒的スケールの藤棚は訪れる人々の 目を楽しまさせています。 百聞は一見にしかず、写真をご覧ください。 (各写真クリックで拡大)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録として・・・「シラー」、「小手毬」、「オダマキ」ほか

散歩中に出会った草花の名前を忘れないように・・。 今回の目玉は「シラー」。 2週間ほど前、近所を散歩中に道端で目に留まりましたが、 花自体が完全な形ではなかったので名前が分からずにいました。 それが2,3日前の散歩中に偶然、2か所の民家の庭に本来の姿 で咲いているところを発見。 ネット検索の結果、「シラー(ペルビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「頑張る大銀杏」 鎌倉・鶴岡八幡宮

平成22年3月10日未明、鶴岡八幡宮の大銀杏が強風で根元から 倒れました。その大銀杏は、再生を願って保全されたと報じられ ました。去る1月11日、その後の様子を見てきました。 元の場所に保全された根からは、若い木が何本か伸びはじめて いるのが見えました。 また、移植した親木の幹からも芽が出始めているようです。 (各写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらに発見、「アメリカデイゴ」

4、5日前、日課のウオーキング中、最近クローズしたファミレスの 跡地で鮮やかな赤い花をつけた珍しい木を発見。 調べたところ「アメリカ梯梧(でいご)」と判明しました。 この木は南アメリカが原産で、アルゼンチンとウルグアイの国花。 日本には江戸時代末期に渡来したそうです。 「アメリカ梯梧」は別名を「海紅豆(かいこうず)」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more