秋本番!常連の野草たち

9月に入り、猛暑日からも解放! 里山公園を散歩していると、日に日に秋の常連の野草たちが 増えてきている。 最近、パソコン版の「Google レンズ」の存在を知り、 早速「カナムグラ」の特定にも効果を発揮した。 「カナムグラ(鉄葎)」、どんなクサにも名前があることを 改めて実感! {%ダイヤdocomo…
コメント:0

続きを読むread more

猛暑日の散歩

猛暑で散歩も、ままならない日々。 ふと15年ほど前に購入したD40(600万画素)を思い出し、 5年ぶりに充電して近場の散歩に。 AFモータは寿命で作動しないため、ピント合わせは手動。 途中、とある医療施設の駐車場の庭に目を凝らすと 雄雌異株の「蘇鉄」の幹頂に見事な”雌花”! (因みに”雄花”は円柱形で1本の角の…
コメント:0

続きを読むread more

最近の散歩から

記録的猛暑に記録的豪雨、何とも気がかりな異常気象。 猛暑を回避して最近は夕方の散歩。 ブログのネタ探しにも一苦労。 タマアジサイ くす玉が割れるように開花 ナンキンハゼの花 テイカカズラの果実 2個が対のハの字形 …
コメント:0

続きを読むread more

最近の散歩から

今年は6月6日に気象庁から関東甲信地方の梅雨入りが 発表されましたが、それから僅か3週間後の6月27日の 梅雨明けは1951年の統計開始以降、最も早いそうです。 最近の散歩で目に飛び込んで来た花たちです。 ヤブカンゾウ(薮萱草) クサレダマ(草蓮玉) ミソハギ(禊萩) ヤマハッカ(山薄荷) …
コメント:0

続きを読むread more

イワガラミ(岩絡み)

アジサイが咲くこの時期に、林の中の高木に10m以上の高さに 這い登り、ひっそりと咲くアジサイ科の「イワガラミ」。 白い装飾花のガク片が1枚だけなのが特徴。 名の由来は、気根を多数出して木や岩に張り付いて 高く育つから。
コメント:0

続きを読むread more

モクゲンジ(木患子)

この時期の楽しみ、「モクゲンジ(木患子)」の花が咲き始めました。 花は1㎝程、黄色に真っ赤な色が綺麗です。 房状にたくさんの花が咲くと、木全体が黄色に見えています。 別名は「センダンバノボダイジュ」 葉がセンダン似、種子がボダイジュ同様に数珠にすることが あるからとか。 英名は「Golden rain tre…
コメント:0

続きを読むread more

希少な品種といわれる花菖蒲「座間の森」

全国的にも希少な品種といわれる花菖蒲「座間の森」が今年も開花 しました。 白地に薄い藤色のぼかしが入った3枚のフワフワの花弁が垂れ咲く のが特徴。 1863年に武蔵園という菖蒲園で座間勘蔵氏が育成した品種が由来 とされているそうです。 5月31日に最初の開花 花の背後の水路に最近ホタ…
コメント:0

続きを読むread more

チユウキンレン(地湧金蓮)

最近の散歩中に、とあるマンションの個人の庭にこれまで 見たことのない奇妙な植物3本をフェンス越しに目撃。 調べたところ、中国雲南省原産のバショウ科「チユウキンレン(地湧金蓮)」 と判明。(別名チャイニーズイエローバナナ)。 茎の高さは80㎝位。名前の「地湧金蓮」の様に、蓮に似た黄金色の花が 地面から湧き出ているように見…
コメント:0

続きを読むread more

最近の散歩から

5月も後半、アジサイの開花も始まり、定番の花々や 野草たちも元気な姿を見せてくれました。 アジサイ 咲き始めのグラデーションが印象的! アヤメ オカタツナミソウ (丘立浪草). チューリップポプラ(ユリノキ) 座間市と国際姉妹都市となった米・テネシー州スマーナ市 が記念に贈呈 ヤブデマリ(藪手毬…
コメント:0

続きを読むread more

「エゴツルクビオトシブミ」の驚くべき知恵

新緑の季節。エゴノキを良く見ると、葉が巧みに巻かれて 葉巻状にぶら下っているのを見かけます。 「エゴツルクビオトシブミ」という小さな甲虫が作った 揺りかご(揺籃)です。 エゴノキを好み、鶴のような長い首をして「落し文」に 似た揺りかご(揺籃)を作る「エゴツルクビオトシブミ」。 そのゆりかご(揺籃)が昔、思いを寄せ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍を癒す桜たち

コロナ禍で憂鬱な日々が続く中、今年も色々な種類の 桜が公園を訪れる人々を癒してくれました。 ソメイヨシノとレンギョウ、ユキヤナギのコラボ オオシマザクラ コヒガンザクラ(3月20日頃満開) エドヒガン(3月20日頃開花) 京都・仁和寺の御室桜 1995年実生 と説明がありました…
コメント:0

続きを読むread more

最近の散歩 彩華やかな定番の花々

3月も中旬に入って20度を超える陽気が数日続き、 季節定番の花々も華やかな彩になり、 春を待ちきれないルリタテハも姿を見せ始めました。 また「オニセキショウの花」に今般初めて出会いました。 トサミズキ サンシュユ マンサク モクレン ユキヤナギ スミレ オニセキショウの花 ウ…
コメント:0

続きを読むread more

2月23日 二輪草が開花

去る2月23日、里山公園のニリンソウの定位置で 目を凝らすと早くもニリンソウが3輪ほど開花 していました。 マンサク、ウグイスカグラも順調。 ニリンソウ(2/23撮影) マンサク ウグイスカグラ ユキヤナギ ハクバイ コウバイ ジンチョウゲ
コメント:0

続きを読むread more

桃の節句を祝う77段1000体の雛飾り

座間市の座間神社では、3月3日の桃の節句を前に 神社の77段の石段に1000体を超えるひな人形を並べ 女の子の健やかな成長を願うひな祭りのイベントが 行なわれています。(3/1~3/3) 座間神社では、家庭で役目を終えたひな人形が全国 各地から納められ、これを活用して6年前から イベントを行なっているそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more

今冬に出会った野鳥たち トラツグミほか

今季は何が原因か分かりませんが、里山公園に飛来する 野鳥たちの種類も数も極端に少ないように思います。 この里山公園では近年、ブナ科の大きな老木が枯死する 伝染病「ナラ枯れ」が猛威を振るっており、 推定500本の樹木が被害にあっているようです。 ナラ枯れの拡大を防ぐ主な対策は、感染で枯死した樹木 の伐採(薬剤の注入も)…
コメント:0

続きを読むread more

ルリビタキ 15秒の変身

公園散歩中に、ふと目の前を横切った小鳥。 追いかけて目を凝らすと今シーズンお初のルリビタキ。 必死にシャッターを押し、帰宅してパソコンで 確認すると、15秒の間に見事な変身を遂げている シーンが捉えられていた。 PS:写真3枚は同一個体を同一場所で撮影 …
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

新コロナが一日も早く収束し 笑顔があふれ 心健やかに 過ごせる年でありますように 江の島から望む雲の上の富士山 ロウバイ(12/12/21) 新芽 早くも開花 ホトケノザ オオイヌノフグリ(12/11/21撮影) 今季お初のジョウビタキ ふと空を見上げると・・
コメント:0

続きを読むread more