最近の散歩で見かけた秋の野草たち

長く続いた猛暑も一段落した里山公園を訪れてみると、秋の野草の種類が
増え、来園者の目を楽しませています。

園内の至る所に群生している「ヌスビトハギ」。拡大してみると何とも
可愛いピンクの花が印象的です。

帰りの道端で、「ヌスビトハギ」に似た実と薄紫の花をつけた丈1m位の
未知の植物に遭遇。帰宅して調べると「アレチヌスビトハギ」でした。

またこの時期、クヌキやドングリなどの木の下には、実の付いた枝がほぼ同じ
サイズで方々に落ちています(強風で折れたのではありません)。

母虫が長い口吻をドリルのようにして実に穴をあけて中に卵を産み付け、
その実の付いている枝を口吻で切り落とすのだそうです。

落とされた実の中でふ化した幼虫は実の中身を食べながら成長すると、
実に穴を開けて外に出て土にもぐり、さなぎとなり成虫になるのだそうです。
知恵が凄い。


DSC_0157.JPG
ヌスビトハギ

DSC_0210.JPG
アレチヌスビトハギ

DSC_0202.JPG
ナンバンキセル

DSC_0192.JPG
ヤブツルアズキ

DSC_0185.JPG
ガガイモ

DSC_0075.JPG
ミズタマソウ

DSC_0144.JPG
センニンソウ

DSC_0176.JPG
ゴンズイ

DSC_0134.JPG
クヌキ(母虫が実の中に卵を産んだ後、切落とした枝)

DSC_0130.JPG
オクラの花(公園脇の菜園で)

DSC_0211.JPG
ヘクソカズラ(何とも可哀相な名前)

DSC_0124.JPG

DSC_0109.JPG

DSC_0041.JPG




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント