エゴノキの返り咲き

小春日和の昼下がりに里山公園を歩いていると、なんと今ごろ
「エゴノキ」の花が数輪。

通常、5~6月ごろ咲く花ですが、台風ラッシュの影響かといわれる
桜の返り咲き(狂い咲き)の話題が多いこの秋ですが、この「エゴノキ」
もそうなのでしょうか。

この「エゴノキ」の名は、果実を口に入れると、喉や舌を刺激して
「えぐい」ことに 由来するとか。

下を向いて、可憐で清楚な花なのに、「エゴ」とは、これ如何に?


(写真を2回クリックで拡大)



画像

画像

画像

画像
花は下の木の一本の枝のみに咲いていた
画像



PS:返り咲き(狂い咲き)について備忘録

   桜など春に咲く花は、夏の間に花芽を作る。
   花芽は通常、葉が作るホルモン(アブシシン酸)によって
   成長が抑制され、翌春まで休眠する。
   ところが、台風や昆虫等の食害などで葉を失ってしまうと
   休眠を促すホルモンの供給が停止するため、花芽は休眠
   できずに暴走し、秋の気温の程よい頃に狂い咲いてしまう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント