山中湖の白鳥たち

「白鳥の湖」として知られる山中湖。
冠雪の富士山を背景にした白鳥を目指して撮りに出かけてきました。

当日は、山中湖に定住する「コブハクチョウ」が4羽姿を見せていました。
「コブハクチョウ」は、くちばしが淡紅色で、鼻瘤と目先の肌の部分が
黒いのが特徴。

また、山中湖には「オオハクチョウ」が越冬にやってくるそうで、白鳥が
冬を越す土地としては最南端で、もっとも標高の高い(湖面標高は
980.5m)ところだそうです。

(各写真クリックで拡大)


画像

画像

画像

画像

画像
冠雪の富士山をバックに

画像
エサの気配を感じて集まる白鳥やカモたち↑
エサの場所に急行する「ヒドリガモ」↓
画像


画像
山中湖越しに望む南アルプス







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント