「百日草(ヒャクニチソウ)」 山中湖・花の都公園

「百日草(ヒャクニチソウ)」を撮りに行こう、との友達の誘いで山中湖の
花の都公園に行ってきました。

「百日草」はメキシコを中心に南北アメリカに分布する植物で、日本には
江戸時代末期に入ってきたそうです。

初夏から晩秋の長い期間に花を咲かせ続けるところから「百日草」と
呼ばれ、属名の「ジニア」は、ドイツの植物学者の名前に由来。

園内では赤、白、黄色、ピンク、オレンジ、緑など色とりどりの「百日草」
が様々な花形で咲き誇っていました。

その他、園内では「向日葵」や「コスモス」もちょうど見頃で、海外からの
観光客がスマホで自撮りする光景も多くみられ、賑わっていました。

(各写真、クリックで拡大した画像を更にクリックで再拡大)


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
「イチモンジセセリ」ですかね?

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント