1400~3000年前の「行田蓮」・古代ハスの里

行田市の天然記念物で、1400~3000年前のハスとされる「行田蓮」が、
「古代蓮(はす)の里」で見ごろを迎えていました。

1971年頃の建設工事の際に、地中深く眠っていた多くのハスの
実が偶然出土し、自然発芽して一斉に開花した極めて珍しい花
だそうです。

園内には古代ハスを中心に40種類、約12万株が植えられています。

また、園内には高さ50mの展望タワーがあり、大パノラマが楽しめるほか、
隣接する田んぼで古代米などで描く「田んぼアート」がみられますが
色塗り(稲の成長)はこれからといった状況。

(各写真クリックで拡大)

画像
行田蓮(ハス)
画像

画像



古代ハスをはじめ、世界各地の様々なハスが楽しめます

画像
キバナハス

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
バックは50mの展望タワー

画像
田んぼアート まだ輪郭だけ
田んぼのサイズは、縦100m X 横150m ほど







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント